2007年12月29日

[映画] 手紙

地上波放送の録画分を、ようやく見ました。

序盤は淡々と進んでいきながら、
徐々に主人公(山田孝之)の辛さが伝わってきて。
犯罪者としての兄(玉山鉄二)の気持ちと、
犯罪者の弟として生きる、主人公の気持ち。。
そんな中での、由美子(沢尻エリカ)の存在・・・。


涙モノの映画だと聞いていたので、そうやって期待して見ちゃうと
意外とダメなのかなー、とも思っていたのですが。。
ラストはもう、辛くて辛くて・・・
涙がこみあげてきて、ボロボロにもうやだ〜(悲しい顔)
いつもの『涙』とは違って、何とも言えない感情からの涙でした。

これ、原作は東野圭吾さんなんですね。
あぁ、いい映画だったなぁ・・・。 しみじみ。。
厳しい現実を見せ付けられた刹那さもありますが、
すごく心に響くものがありました。


山田孝之さん、こういう苦悩する役、本当にピッタリあせあせ(飛び散る汗)
沢尻さんは、本当にいい表情をしますよね。。
彼女の演技って、やっぱり何か惹きつけられるものがあります。



年末はドラマが無くて寂しいですが・・・
映画がたくさん流れているので
なかなか忙しいです。
私だけかもしれませんが、2時間以上の映画を見始めるのって
ドラマと違って何だか気合が必要なんですよねぇ・・・。
なんでだろう・・・目
posted by 霞 at 08:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
霞さん、こんばんは♪

ワタシは劇場で見たのですが
内容を全く知らずだったので、、
重いテーマにびっくりだった記憶が
あります。
この後、原作も読みましたが
映画の方が救いのある終わりでしたよ〜。
そうそう〜山田君はこういった影のある役が
ピッタリですよね〜(^_^)

ところで
今年もありがとうございました!
(先日はジョシデカのコメントもいただき
語る人が居て嬉しかったですよぉ)
来年もまた宜しくお願いします。

でわでわ〜、、、
良いお年をお迎え下さい。
Posted by ルル at 2007年12月29日 21:57
>ルルさん

 いらっしゃいませ〜♪
 おおっ、ルルさんは劇場で見られたのですね!
 私の場合、もしも劇場で見ていたら、
 思う存分泣けなくて大変だったかも・・・(汗)
 映画はほんと、希望の見える終わり方で
 良かったですよね!

 今年も本当にありがとうございました!
 また来年も遊びに行かせていただきますので
 どうぞよろしくお願いします!!
 
 
Posted by at 2007年12月30日 19:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75255388

この記事へのトラックバック