2007年12月22日

歌姫(第11話 最終話!)

現代に戻るまでの間、ほとんど泣きっぱなしでした。
まさかこんなに泣けちゃうなんて・・・。
我ながらびっくりですよー。

昔の事を思い出して、
今までの10年間は忘れてしまった太郎(長瀬智也)。
改まって他人行儀な話し方をする太郎に、
鈴(相武紗季)が一生懸命今までのことを話すシーンから、
泣きモード全開に。。

記憶って・・・そんなにキレイに忘れちゃうものなのーー?
なんと残酷なものなのーーー?
・・・と思っていた矢先に。

「頑張るぜよ、ジェームス!」
な・・・! 今、なんと!?
太郎ちゃんの喋り方だよねーーー? 今の・・・。

実はこの10年間のことも忘れていないのだとわかった時、
「今までの涙を返してくれーー!」、とちょっと思いましたがあせあせ(飛び散る汗)
10年間、父親の居ない寂しい想いをさせた娘『さくら』を想って
東京に戻る決心をした太郎。
そのやりきれない決断を聴き、再び涙モードに突入もうやだ〜(悲しい顔)

あとはもう、これでもか!という位、泣きましたよー。
 ・家族との別れのシーン。
 ・バスに乗り込んだ太郎を、必死でおいかける鈴。
 ・それに気づきながらどうしようもなく
  バスの中で泣き崩れる太郎・・・もうやだ〜(悲しい顔)
 ・更に、太郎の作った鈴へのプロポーズシーンの脚本。

・・・もう止まりませんもうやだ〜(悲しい顔)

過去も現在も。
両方思い出してしまったからこそ、
更にやりきれない気持ちで、どちらかに決めないといけない。
太郎の苦渋の決断、、、本当にせつなかったなぁ・・・。


美和子さんも、最後までかっこよかったですねぴかぴか(新しい)


で、時は過ぎて、、、2007年。
鯖子さんも、あんなおばーちゃんになっちゃって・・・わーい(嬉しい顔)
ジュディオングさんが太郎の子供、『さくら』だから、
旭は太郎の孫ですよね。
そして、クロワッサンの松(佐藤隆太) = 松中は、
やっぱり鈴と結婚したんですね〜。
どこをどうしたら、あのクロワッサンを好きになれたんでしょう・・・exclamation&question

最後に出会った、旭と鈴の孫のルリ子。
この2人・・・今度こそは幸せになって欲しいものです。。


最終回にしてようやくわかった、『歌姫』というタイトルの由縁。
太郎の人生の決断ポイントが、『歌姫』だったんですねぇ。。
ストーリーの進みも遅く、当初は「うーーーん」と思うところもありましたが
特に主人公2人が魅力的なドラマでしたよね〜。

「鈴がかわいそうだよーーーもうやだ〜(悲しい顔)」、と何度叫んだことか。。バッド(下向き矢印)
せつないストーリーでしたが、琴線に触れる部分もあり、
なかなか楽しめたドラマでした。
何よりも最終回でこんなに泣かせてくれたので・・・
それだけ太郎と鈴に感情移入して見ていた、ということでしょうね。


(10話目の感想は⇒ コチラ


posted by 霞 at 00:21| Comment(6) | TrackBack(21) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
霞さん〜私も見ました。泣きましたよ〜(T_T)

>「頑張るぜよ、ジェームス!」

これにはビックリ。
そして急にすーっと気持ちが落ち着いてしまいました(^^;)

誰がどうなったのかはもう少し最後に見せてくれても良かったかな〜?
最初っからもう一回見たくなってしまいました。
Posted by ミマム at 2007年12月22日 00:41
霞さん、こんばんは!
1話目の妄想、覚えていてくれてありがとうございます♪
自分でもちょっとびっくり(笑)

ただあたしの妄想なんて外れていいから
太郎と鈴には結ばれて欲しかった・・・
太郎の苦しい胸の内がわかるだけに
その決意を受け入れざるえなかったです・・
魅力ある土佐清水の人々。
高田さんをはじめ、ほんといい配役でしたよね。

旭にはおじいさんが為し得なかった、土佐清水の港でるり子にプロポーズしてほしい〜♪
で、オリオン座をたてなおしてほしい!
Posted by Eureka at 2007年12月22日 02:56
まとめてたっぷり泣かされましたね。
切なくて、これ以上の解決方法がないのはわかっても、鈴が不憫でした。だからもう少し落ち着くところまでやって欲しかった。
最後が、少し救われました。
Posted by mari at 2007年12月22日 04:46
霞さんううう。やっぱり切ない!
私も泣きましたよ。
なんていうのかな。太郎もわかってるけど、
でも美和子と子供のために鈴とは別れる
って決心してさ・・・。
でも現代で孫が出会ってこれからいい雰囲気になりそうな感じで終わってくれたので
救われました!!”
Posted by みのむし at 2007年12月22日 15:56
私も一回目見て泣いて、記事を書くのに
見てたら、また泣いて・・涙がとまりましぇーーん・・
>「鈴がかわいそうだよーーー」、と何度叫んだことか。。
ホントに・・
ずっと鈴派の私でしたが、最後に美和子さんも
みせてくれました。
どの登場人物もかわいくてせつなくて・・
いいドラマでしたよね。
Posted by きこり at 2007年12月22日 22:34
>ミマムさん

 すっかり騙されていただけに、
 あのセリフにはかなり驚きました。
 ここで興ざめさせられるかと思いきや、
 逆に涙が増す展開になり・・・。
 あぁ、、、いい最終回でしたね〜。


>Eurekaさん

 正直、最後くらいはハッピーエンドかなぁ、、と
 期待していたのですが・・・(>_<;)
 ずっと鈴を応援していたので、
 切なすぎるラストに涙、涙でした。。
 でもEurekaさんの予想が当たる形のラストでも
 これだけ泣かせてもらって、本当に最高でした!


>mariさん

 本当にものすごい泣きのラストでしたねー。
 最後はハッピーエンドが見たかった気もしますが、
 あのようなちょっと期待をほのめかすラストも
 このドラマらしくて良かったような気もしています。。


>みのむしさん

 鈴の真珠のネックレスなどの
 小ネタでのつなぎもあり、
 最後の希望のシーン、救われましたー。
 ただ、過去のシーンであれだけ泣かせてくれたのに
 現代への切り替わりがあっさりしすぎていたのは
 ちょっと気になりました〜。


>きこりさん

 美和子さんも、本当にかっこいい女性でしたね〜。
 途中、ちょっとウザイと思ってしまって、
 ほんとゴメンナサイという感じでした。
 主人公2人はもちろん、
 お父さん、お母さんもいい味でしたし〜。
 うん、最後まで見て、やっぱりいいドラマだったと思います♪
Posted by at 2007年12月25日 21:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

歌姫 最終回
Excerpt: 意識をなくした太郎の為に けなげに太郎の好きな映画を見せようと行動を起こす鈴! そして集う面々、 まぁなんだかんだありましたが ついに目覚める太郎!! そして記憶戻った!!! 鈴に..
Weblog: annyの日記
Tracked: 2007-12-22 00:32

歌姫 最終回「ワシはお前を幸せにするぜよ」
Excerpt: がけから落ちた太郎(長瀬智也)は意識不明となって 映画館に運ばれる。意識が戻ったときに過去のことを 思い出し、映画館で過ごした10年を忘れる可能性も あると医師から告げられた鈴(相武紗季)や ..
Weblog: 掃き溜め日記〜てれびな日々〜
Tracked: 2007-12-22 00:38

歌姫 最終回
Excerpt: 崖から落ちて鈴が発見したときには一時、気がつくものの 目を覚まさない太郎。 過去は思い出したのか? 今の生活のことは覚えているのか…? 最初っから泣きそうな思いで見てま...
Weblog: 塩ひとつまみ
Tracked: 2007-12-22 00:39

歌姫〜最終回・泣けるドラマ
Excerpt: 歌姫ですが、四万十太郎(長瀬智也)は過って崖から転落して意識不明に陥ります。岸田鈴(相武紗季)たち土佐清水の人々は心配しますが、医者の話では太郎の記憶が戻るかもしれないので、東京の家族に連絡すべきだと..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2007-12-22 00:40

歌姫:第11話(最終回)
Excerpt: 「どうも、こんにちは。お一人ですか?」 「妹みたいにかわいがってくれて、  ほんまにありがとうございました。」 記憶が戻り、鈴に淡々と礼を言う太郎。 涙をこらえきれない鈴。 これは切なす..
Weblog: 日常の穴
Tracked: 2007-12-22 00:43

歌姫 最終回
Excerpt: 終わった。ラスト前で流した涙もラストで乾いてしまった(苦笑) いや、悪かったんじゃないの。。。。。。。わけがわからなくなった(爆)自分の中で完結出来ない!えっと。。。誰が誰の子で、誰が誰?(笑)
Weblog: アンナdiary
Tracked: 2007-12-22 00:48

歌姫 最終話 「ワシはお前を幸せにするぜよ」
Excerpt: 崖から落ちてしまった太郎(長瀬智也)は自分がここで何をしてるのか?と絶叫し、気を失ってしまうのでした。
Weblog: テレビお気楽日記
Tracked: 2007-12-22 00:55

『歌姫』最終話「ワシはお前を幸せにするぜよ」メモ
Excerpt: よく、打ち切られず、最後までこれたもんだ。 今期、TBSドラマほぼ壊滅状態だったかなぁ。。。 頭から、悲しいオチはわかってだけに・・・。
Weblog: つれづれなる・・・日記?
Tracked: 2007-12-22 00:56

『歌姫 最終回』
Excerpt: 歌姫、いま見終わったところ。太郎と鈴の別れのシーンでは涙ボロボロなんだけど・・・でもね、でもね、それよりもみなさーん、覚えてますか?Eurekaの第1話のレビュー『歌姫 第1話』いま、ここでその一部を..
Weblog: +Paraiso*Caprichoso+
Tracked: 2007-12-22 02:52

《歌姫》#最終話
Excerpt: 太郎が初めて鈴の所に運ばれた時と同じく、熱を出し、苦しそうな顔をしていた。必死に看病する鈴。やっと動けるようになったクロワッサンの松が勝男を訪ねて来た
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2007-12-22 04:59

歌姫
Excerpt: 最終回ぜよ!
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2007-12-22 10:18

歌姫 最終話:ワシはお前を幸せにするぜよ
Excerpt: 旭とルリ子(*`▽´*)うひょ 太郎ちゃんが大好きだった小林旭と浅丘ルリ子。 鈴との間に子供が生まれたらつける筈だった名前。それぞれの孫に付けたんだー{/onpu/} 太郎ちゃんと鈴が離れ離れになった..
Weblog: あるがまま・・・
Tracked: 2007-12-22 10:30

歌姫 最終回 感想
Excerpt: 『ワシはお前を幸せにするぜよ!』
Weblog: ぐ〜たらにっき
Tracked: 2007-12-22 11:22

歌姫#11最終回
Excerpt: 「歌姫」#11最終回 泣いちまって、記事書けないかと思った・・。いい話でした。 崖から海に落ち、鈴に発見される太郎。だが・・頭を抱えて苦しみだしてしまう!!寝込んでしまって目を覚まさなくなった太郎..
Weblog: NelsonTouchBlog
Tracked: 2007-12-22 13:18

●歌姫:最終回
Excerpt:  海に落ちて10年前の記憶を取り戻した太郎は、鈴やオリオン座の家族には、10年間の暮らしの事を忘れてしまったふりをして、鈴へのつらい別れを胸に、娘:さくらの元へと帰っていった。 娘:さくらは、歌手にな..
Weblog: 江戸川心歩・傑作娯楽小説全集
Tracked: 2007-12-22 15:10

歌姫 最終回
Excerpt: 記憶を取り戻して前のことは忘れた! っていうのは嘘だったんだね。そりゃそうだよね。 そんなわけないけど・・・ でもそうなのかしら?って私までだまされそうになったよ。 それくらいに太郎はしっ..
Weblog: Simple*Life
Tracked: 2007-12-22 15:54

歌姫 第10話〜最終話
Excerpt: 今回でこの物語も最後。 2007年秋クール最後の、最終回です。
Weblog: TV雑記
Tracked: 2007-12-22 17:46

・TBS「歌姫」第11話(最終回)
Excerpt: 2007年12月21日(金)22時から、TBSで、「歌姫」第11話(「ワシはお前を幸せにするぜよ」)が、放送されました。 本土(笑)の神奈川で、最終回を見ました。録画で、、、。さて、ドラマ、良く..
Weblog: たまちゃんのドラマページ
Tracked: 2007-12-22 22:01

「歌姫」最終回
Excerpt:  崖から落ちて発見された太郎(長瀬智也)は 「自分はいったいここで何をしてるんでしょうか?」とつぶやいた後、 頭を抱えて倒れてしまう。  そんな太郎を10年前と同じように看病する鈴(相武紗季)。..
Weblog: トリ猫家族
Tracked: 2007-12-22 22:57

歌姫 第2話〜第11話(まとめ)
Excerpt: 歌姫 第2話〜第11話(まとめ)  TBS 2007/10/19〜12/21 (金) 22:00〜     ★感想   最終話。ああ、涙のバスシーン・・グッとこらえた太郎が切なかった。..
Weblog: シャブリの気になったもの
Tracked: 2007-12-24 12:15

歌姫 最終回
Excerpt: 先週の予告を見た段階では「……?!」 しばし 「そ、そんなぁ…」だったのですが、さすがにフィニッシュは「なるほどナ」と感じさせる、鮮やかな着地でしたね。 相武紗季も、想像以上に魅力的だったし、..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2007-12-25 09:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。