2007年12月14日

歌姫(第10話)

結構面白いドラマだと思うんだけどなーー。。
不調続きのTBSドラマの例に挙げられて、
なんだか可哀想です・・・。
某日曜日のドラマとかと、一緒にしないで欲しい・・・(爆)


鈴に「愚連隊やヤクザなんて大嫌い」と言われて、
足を洗う決意をしたクロワッサンの松(佐藤隆太)。
ボコボコにされて帰ってきて、、、
本当にひどい顔で、おそらくシリアスなシーンのはずなんですけど
ひどい顔すぎて、、、思わず笑ってしまいましたよーー。
(メイクさん、もしかして狙ってた!?)



鯖子は今日も、おいしいとこもっていきましたね〜

それまで子供の事がひっかかって元気の無かった鈴が
鯖子と話したことで、一気に元気になりましたね!
そして特注(?)魚肉ソーセージの取り合いに。 だはは・・・。

鈴(相武紗季)にきちんと思いを伝えようと、
ジェームスとシナリオ作りを検討する太郎(長瀬智也)。
ごはんを食べるよりも大事なことって、、、
鈴が知ったら、めっちゃ喜ぶだろうなぁ、、、なんて
幸せな気分に浸りつつあったのに。。



ラストが・・・。
そ、そう来ましたかーーー、、、という感じで。。
そして、メリー(遠山景織子)をかばって、海に落ちてしまった太郎。
亡くなってしまっては、話が続かなくなるので
それは無いとは思っていましたが、
まさかこんな悲しい展開になるなんて・・・もうやだ〜(悲しい顔)

結局、今度は今までとは逆に、この10年間の記憶を亡くして
その前の東京での生活だけ覚えてるってことになるのでしょうか・・?
だから、東京に戻っちゃうって事なの?

記憶、というか、気持ちって、、、難しいですよねぇ。。
記憶が無くなっただけで、あれだけ鈴を大事に思っていた気持ちも
すっかり忘れてしまうわけで。。

今まで若干疎ましい気持ちで美和子さんを見ていたんですが、
今度は鈴の方が、彼女と同じ立場になるなんて、、、。
今まで鈴ばっかり応援していて、本当にごめんなさいふらふら

このドラマも、とうとう最終回。
まだまだ展開も読めないですし、
1話目の現代のシーンとどう繋がるのかなど、
わからないところも多いですが・・・
最後、心温まる展開を期待しますexclamation


(9話目の感想は⇒ コチラ


posted by 霞 at 23:25| Comment(3) | TrackBack(15) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
思い出すと、10年前に戻るわけですね。
何も進展しないまま・・・
そしてユウイチは、東京へ帰った。
なんだか寂しい展開です。
かつて愛した人は、思いだしても、、愛は
健在だったんですね。
Posted by mari at 2007年12月15日 04:00
とうとう決着のときが来たんですねぇ。
どちらも悪くないし、どちらもいい人で
もうなんか3人で仲良く暮らせばいいのに!
って思っちゃいます。
Posted by みのむし at 2007年12月15日 17:14
>mariさん

 2度目に頭を打つと、また過去の記憶に戻っちゃうなんて・・・(>_<;)
 この10年間のことは、全く覚えていないのでしょうか?
 そんなの悲しすぎます!!
 でも、今までは同じことが美和子さんにも言えてたわけで・・・。
 あぁーー、どうやっておさめるんでしょう、このドラマ。。


>みのむしさん

 そうなんですよ、どちらも本当にいい人なので 誰も責めようがないですし・・・。
 ほんと、つらいです(>_<;)
 いっそ美和子さんがイヤな人だったら、、、と
 何度も思いました。。
 みんながハッピーになる解が無いってのは
 やっぱりつらいですー(悲)
Posted by at 2007年12月15日 23:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

歌姫10 貴方は鈴派?美和子派?太郎は旭派!
Excerpt: 最近何やら面白いのが、 太郎 (長瀬智也) をめぐって 鈴 (相武紗季)派 と美和子 (小池栄子)派 に分かれつつある現象です。 『もともと太郎は美和子と結婚して子供までいるのだから、太郎は速..
Weblog: ぱるぷんて海の家
Tracked: 2007-12-14 23:41

歌姫 第10回 感想
Excerpt: 『一世一代の感動的なプロポーズ』
Weblog: ぐ〜たらにっき
Tracked: 2007-12-15 00:08

歌姫 第10話 「一世一代の感動的なプロポーズ」
Excerpt: 美和子(小池栄子)と太郎(長瀬智也)の間にはさくらという娘がいることを聞いてしまう鈴(相武紗季)。
Weblog: テレビお気楽日記
Tracked: 2007-12-15 00:08

・琉球放送「歌姫」第10話
Excerpt: 2007年12月14日(金)22時から、RBC琉球放送(笑)で、「歌姫」第10話(「一世一代の感動的なプロポーズ」)が、放送されました。 今日は、沖縄で視聴してます ◇太郎(長瀬智也)と鈴(相..
Weblog: たまちゃんのドラマページ
Tracked: 2007-12-15 00:32

歌姫:第10話
Excerpt: 「自分は・・・」 海に落ちて、再び記憶を失くす。 そんな。。。なんという悲しい幕引き。 太郎が鈴に対して思いを伝えることもなく、記憶を失くしてしまうとは辛いすぎる結末だ。。・゚・(ノД`)ウ..
Weblog: 日常の穴
Tracked: 2007-12-15 00:35

歌姫 第10話「一世一代の感動的なプロポーズ」
Excerpt: 太郎(長瀬智也)と鈴(相武紗季)が互いを思い合って いる様子を見た美和子(小池栄子)は東京に帰る決心を 固める。美和子を引き留める松(佐藤隆太)に向かって、 自分の夫は「及川勇一」であって「四万..
Weblog: 掃き溜め日記〜てれびな日々〜
Tracked: 2007-12-15 01:08

歌姫〜第10話・プロポーズ!
Excerpt: 歌姫ですが、鈴(相武紗季)は太郎(長瀬智也)に娘がいることを知りますが誰にも言いません。美和子(小池栄子)は身を引くことに決めて東京に戻りますが、クロワッサンの松(佐藤隆太)が引き止めようとします。(..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2007-12-15 01:21

『歌姫』第10話「一世一代の感動的なプロポーズ」メモ
Excerpt: ここんとこ、ずっと鈴ちゃんのせつなさだけの回が続いてるけどさ。
Weblog: つれづれなる・・・日記?
Tracked: 2007-12-15 01:43

《歌姫》#10
Excerpt: 太郎の記憶は少しずつ戻ってきた。美和子が山之内と話しているのを聞いてしまった鈴。太郎にはさくらという子どもが居た!一晩中、考え込んでいた。
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2007-12-15 04:10

歌姫#10
Excerpt: 「歌姫」#10 美和子には太郎との間にできた娘がいた・・。だが、美和子はそのことは太郎に告げず、土佐清水を去る決意を決めたようだ。だが、鈴はその会話を聞いてしまい、太郎に気持ちを伝えるために書いた手..
Weblog: NelsonTouchBlog
Tracked: 2007-12-15 16:35

歌姫 十話
Excerpt: 美和子に子供までいると知ってしまった鈴。 それでも美和子は誰にもそのことを告げずに帰ってしまう。 美和子が故郷へ帰ったことで、周りのみんなは 鈴に対しても、太郎に対しても、くっつけくっつけと..
Weblog: Simple*Life
Tracked: 2007-12-15 17:11

「歌姫」第十回
Excerpt:  メリーさんのぶぁかぁ〜〜!! 何であんな崖っぷちにいるのよ〜! てか、太郎も夜中にそんなとこ出かけるな〜!!  。・゚((T◇T゚)゚・。 そ、それでは振り返ってみましょう・・・ 東京に..
Weblog: トリ猫家族
Tracked: 2007-12-15 22:09

歌姫
Excerpt: □金曜22:00〜 □公式HP □脚本・・・サタケミキオ □主題歌「青春(SEISYuN)」TOKIO □出演 長瀬智也、相武紗季、佐藤隆太、大倉忠義、大河内奈々子ほか
Weblog: スーパーヅカン
Tracked: 2007-12-16 00:00

歌姫、第10話見ました。
Excerpt:  不遇なドラマと言うか、FUJIの初回、第2回 沈没作戦にハマリ、数字が悲惨と聞いていますが中身はホントいい感じです。土佐弁がわからない私なので、土佐弁に違和感を感じませんし面白くていい感じなんでしょ..
Weblog: 楽珍楽珍 − ミーハーのひとり突っ込み!! やってます。
Tracked: 2007-12-16 00:23

「歌姫」10話
Excerpt: それにしても 崖から落ちるなんて〜〜〜 あ〜 記憶が〜〜〜〜 鈴ちゃんどうするんだろう
Weblog: ice-coffee
Tracked: 2007-12-16 11:43
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。