2007年06月28日

わたしたちの教科書(第12話)

遂に最終回!
ようやく真相が、明らかに・・・。

音也は何故、それぞれの先生の裏事情を知っていたんでしょうか?
刑務所に入ってた割には、詳しすぎるような気が・・・。

そして、朋美の口から語られる、イジメの真相。
中学になった時、彼女は兼良陸のことを好きになった。
そして偶然目撃した、陸の父親の援助交際現場。
それを見て「気持ち悪い」と、不用意な発言をした彼女。
そして、次の日から、全てのイジメは始まった・・・。

朋美の代わりにいじめられることにした明日香。
「大丈夫。私だったら悲しむ人はいないから。」
凛とした表情でそう話す明日香は、
思わずかっこいいと思えてしまう程でした
もうやだ〜(悲しい顔)
2人の友情は・・・そして明日香の朋美に対する想いは、
それだけ強いものだったのですね。
そして明日香は、本当に優しい子だった・・・もうやだ〜(悲しい顔)

親友の朋美が苦しまずに済むのなら、
どんなイジメにも耐えられる・・・。
明日香はきっとそう思っていたに違いない。
しかしそんな彼女にも、
やはりイジメは辛すぎる現実だったのだ・・・。



あの日、死のうとしたのは朋美の方だった。
むしろ、明日香はそんな彼女に対して
「死んじゃダメだよ」
と、励ましていたのでした。
そんな彼女が、どうして・・・!?

そう、彼女は自殺したのではなく、雨で滑っただけだった。
事故だったのだ・・・。

朋美がいつか言っていた、
「犯人は、死刑になりますか?」というのは、
自分を責めての言葉だったのですね。


しかし何故、あのタイミングで真相を明かす気になったのか・・・。
その部分は、いまだにちょっと疑問です。


そして、いきなり1年後。
自責の念にかられ、病んでしまった朋美。
そんな彼女に・・・
明日香のメッセージは深く届いたことでしょう。

「私が死んだら、明日の私が悲しむ。 昨日の私が悲しむ。」

明日香がメッセージを書くこのシーンでは
涙がポロポロとこぼれてきちゃいました。


---

最後の方は、加地先生の影が薄くなりがちでしたね。。
まぁ彼も、命が助かって本当に良かった・・・。
終始変わらなかった珠子の信念も、見上げたものです。
音也というキャラの使い方は、
ちょっと中途半端な気もしましたが・・・。


初回はものすごく暗ーく始まったこのドラマ。
でも、当初から今回のクールで1,2を争う程気になるドラマでした。
中盤は、引き延ばしすぎて話が全然進展せず、
失速した感もありましたが、
後半の引き込み方は秀逸だったと思います。

もちろんテーマ的に、
『ハッピーエンド』というわけにはいきませんでしたが、
終わり方も良かったと思います。
明日香が自殺じゃなくて、正直ほっとしました。
彼女が亡くなってしまったことは、やはり悲しすぎますが、
イジメられて、自殺まで考えた明日香が
思い直してあそこまで強くなれるなんて・・・。
彼女の天使のような微笑に、救われたような気がしました。


(11話目の感想は⇒ コチラ


posted by 霞 at 23:24| Comment(6) | TrackBack(22) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
始めまして。いつも拝見させていただいています。
明日香・・自殺じゃなく・・
事故死だった。
珠子さんも救われましたね。

彼女の義理の娘は、何処までも明るく、強く、優しかった。
その思いを胸に彼女も、罪悪感を持つことなく、生きていけるでしょう。
珠子さんの「裁判」でもあったのですよね。
勝つとか
負けるとか
関係なく・・
真実を
救いを
求めた「裁判」だったと思います。

とても納得のいく最終回でした。
Posted by マママゴ at 2007年06月29日 00:41
毎回、暗〜い気分になりつつも、次が気になるドラマでした。
久しぶりに、テレビにかじりつくように見たわ。
ホント、音也の使い方と加地の使い方が
もったいなかったかなぁ。
あと一話あっても良かったかも。
Posted by くう at 2007年06月29日 00:56
今じゃなきゃダメなんです!という台詞がいまいち中に浮いちゃった気がするのは自分だけですかね〜(^^;

加地先生が刺された展開の意味づけもなんだかわかんないし。。。。。

両方とも最終回を「ドラマチックな展開」に持っていくための小道具に過ぎない気がします。

あのドラマに「ドラマチック」はいらないと思うんだけどなぁ・・・・

それと家族一同で「ガク!」ってなったのはいつなくなっちゃうかわからないような工事現場の「秘密基地」が1年たってもそっくりそのまま残っていたことですね。

みんなで「おいおいおいおい!」ってツッコミをいれてしまいました(^^;
Posted by たま at 2007年06月29日 14:21
>マママゴさん

 はじめまして〜。コメントありがとうございます!
 私もこの終わり方には、かなり満足でした。
 最後の明日香のメッセージには
 結構泣いちゃいましたし・・・。
 珠子も裁判には負けたけれど、真実がわかって、
 そして彼女の義理の娘があんなに強くて優しい子だったと知って、
 救われたに違いないですよねー。


>くうさん
 
 うんうん、毎回続きが気になって仕方なかったですよね〜。
 音也や加地先生、兼良の今後とか
 もうちょっと描けそうでしたよね。
 でもあのまとめ方は、スッキリと満足のいくものでした♪


>たまさん

 朋美の「今じゃなきゃダメなんです!」というところは
 私も噛みあわないなぁという気がしていました。
 今までずーーと心にしまって耐えてきて、
 もう持ちこたえられなくなって限界だから
 あのタイミングで吐き出した、、ということでしょうか?

 あと、学校での音也vs先生達のシーンの描き方は
 中途半端だった気がしますね〜。
 
 秘密基地、、、確かに普通、そのまま残ってないですよね(^_^;)
そこまで気づきませんでした〜(汗)
Posted by at 2007年06月30日 12:04
霞さん、こんばんわm(_ _)m
とうとう終わってしまいました〜。。。
感想はですね、私も毎回毎回見逃せないと思ったドラマでしたし、すごいドラマだったんですが、
それだけになんか見終えた後感動したけど腑に落ちない。。。感じがしたんです。
たまさんのあのドラマにドラマチックはいらない
というコメント(勝手に引用してしまってゴメンナサイ!)はスゴイ納得してしまった!
それとなにより、霞さんの学校での音也vs先生達のシーンの描き方は中途半端だった気がするというコメントに
「あ!それで私モヤモヤしたんだ」と同意です!

それでも、総合的にみると役者さん一人ひとりが
それぞれ頑張っている感じが伝わってきて
終わったのが寂しいけど、、見てよかったと思ってます。次のドラマ何見よう??って今迷ってるんですけど、また霞さんとこおじゃまさせてもらって検討しようかと♪
長文スンマセン!
Posted by 蜂杏 at 2007年07月02日 00:14
>蜂杏さん

 すごいドラマでしたよね!
 とっても惹きつけられました!
 腑に落ちないところが何点かあったのも
 確かですが・・・。
 たくさんありすぎた伏線が、
 うまく生かしきれていなかった点はちょっと残念でしたね。。
 でも、個人的には満足のいく終わり方でした♪

 7月期もゾクゾク始まっていますね〜。
 今のところ2作見ましたが、両方とも期待できそう♪
 今期も楽しみましょうね〜!
Posted by at 2007年07月02日 21:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

わたしたちの教科書 最終話 「感動のラスト!!希望の明日へ」
Excerpt: 朋美(谷村美月)「小学校二年の時に私がいたクラスに明日香が転校して来ました。」
Weblog: テレビお気楽日記
Tracked: 2007-06-28 23:39

わたしたちの教科書 最終回 短め感想
Excerpt: 『感動のラスト!!希望の明日へ』
Weblog: ぐ〜たらにっき
Tracked: 2007-06-28 23:56

わたしたちの教科書〜最終回・友情!
Excerpt: わたしたちの教科書ですが、法廷ではピアノ少女・朋美が明日香(志田未来)の死の真相を話し、職員室では雨木音也が兼良を人質に立て篭もっています。全てが明らかになる最終回ですが、明日香と朋美は小学生からの親..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2007-06-28 23:59

わたしたちの教科書 【第12話 (最終回)】 感動のラスト!!希望の明日へ
Excerpt: わたしたちの教科書 菅野美穂主演ドラマ「わたしたちの教科書」最終回を見ました。 ■わたしたちの教科書 「最終回」 あらすじ  珠子(菅野美穂)は、自ら法廷で証言することを望ん..
Weblog: THE有頂天ブログ
Tracked: 2007-06-29 00:00

『わたしたちの教科書』 最終話「感動のラスト!!希望の明日へ」
Excerpt: 今期オイラの中では最後のドラマ。最後までこのカードを切らずに置いてたってことか。
Weblog: つれづれなる・・・日記?
Tracked: 2007-06-29 00:02

わたしたちの教科書 第12話(最終話)
Excerpt: わたしたちの教科書 第12話(最終話)
Weblog: Happy☆Lucky
Tracked: 2007-06-29 00:24

世界を変えることはできますか?(わたしたちの教科書#12最終回)
Excerpt: 『わたしたちの教科書』 明日香より。明日香へ。死んじゃダメだ。生きなきゃダメだ。明日香、たくさん作ろう。思い出を作ろう。夢を見よう。私たちは、思い出と夢の中に生き続ける。時にすれ違いながら、長い長い時..
Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
Tracked: 2007-06-29 00:24

わたしたちの教科書 最終回
Excerpt: ついに朋美が法廷ですべてを語る事に!明日香の死の真相が明らかになる最終回。 明
Weblog: せるふぉん☆こだわりの日記
Tracked: 2007-06-29 00:28

私たちの教科書 最終話
Excerpt: 事件の真実が、明らかになりました。 「あなたは私、私はあなた」 なんでも二人で分け合って生きていこう、そう約束した二人でしたが 朋美の兼良への恋をきっかけに、その関係も崩れていったと… 兼良の父..
Weblog: 日々緩々。
Tracked: 2007-06-29 00:34

【わたしたちの教科書】第12話 最終回と統括
Excerpt: ともみ みかづき きりぎりす    すいしゃ しゃんでりあ あすかそうやって、しりとりをしながら、小学生の明日香と朋美は一緒に学校から帰った。2人で秘密の基地を見つけた。毎日2人でそこで過ごした。私は..
Weblog: 見取り八段・実0段
Tracked: 2007-06-29 00:49

「わたしたちの教科書 最終回」明日香と音也の主張
Excerpt: 「私たちは思い出と夢の中に生き続ける」「世界は怒りと憎しみに満ち溢れている」
Weblog: バスタイムTV(お風呂テレビでドラマに浸る)
Tracked: 2007-06-29 01:21

「わたしたちの教科書」最終話 評価4.0(5段階)
Excerpt:  明日香(志田未来)転落の経緯は、予想の範囲内でした。 ”朋美(谷村)の何らかの行動を止めようととして誤って転落した。”と先週書きましたが、結局朋美の自殺を思い留まらせようとして、説得には成功したが自..
Weblog: 追憶
Tracked: 2007-06-29 02:04

わたしたちの教科書 最終話
Excerpt: 最期の元ライダー教師八幡と元ウルトラマン処刑人音也 「八幡先生、だよねぇ? あの人が書いた記録読んだから知ってるよ。 あんたさあ、なんで教師になったの?」 「き…金八先生に憧れて…..
Weblog: 特撮警備隊3バるカんベース
Tracked: 2007-06-29 02:13

《わたしたちの教科書》◇最終話
Excerpt: 加地が刺された。早紀が救急車と叫んでいたが、音也は兼良を人質にし「皆さん!落ち着いて!ちょっと冷静になってください!と、大きな声で言った。「いいですか、これから僕がこの学校のイジメを解
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2007-06-29 04:38

わたしたちの教科書(6月28日)
Excerpt: 「しんじゃダメだよ、生きなきゃダメだよ」
Weblog: 今日感
Tracked: 2007-06-29 07:34

わたしたちの教科書
Excerpt: はじまりが見える最終回
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2007-06-29 11:22

わたしたちの教科書  最終回
Excerpt: 朋美・三日月・きりぎりす・水車・シャンデリア・明日香。 わたしたち、また一緒に帰ろう・・?
Weblog: くつろぎ日記
Tracked: 2007-06-29 17:31

「わたしたちの教科書」総合 評価3.5(5段階)
Excerpt:  中学校教育において、イジメ、教師の質、親子の問題を多角的に取り扱おうとした意欲作だったが、途中話が分散しすぎて、何が話しの中心なのかわからなくなり迷走気味となった。 しかし、取り扱っていたものは、子..
Weblog: 追憶
Tracked: 2007-06-30 01:31

最後の加害者であるあなた(谷村美月)も最初の加害者である私も明日香(志田未来)と同じように自分を許して生きて行こう・・・。(菅野美穂)
Excerpt: だって「明日香」は「わたしたちの教科書」なのだから。 天才詩人であった明日香は逆
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2007-06-30 12:29

わたしたちの教科書 最終回
Excerpt: なけました。感動とかそういうものじゃなく、 みんな生きてるんだなぁってことで・・・ そして明日香が事故で亡くなったということで 最後の最後まで希望を捨てないで、 昨日の自分、明日の自分がいるか..
Weblog: Simple*Life
Tracked: 2007-06-30 20:12

わたしたちの教科書 「最終話感動のラスト!!希望の明日へ」
Excerpt: 今回でこの物語もラスト。 そして2007春ドラマもラスト。 いったいどこへ降り立つのでしょうか。
Weblog: TV雑記
Tracked: 2007-07-01 02:41

わたしたちの教科書 最終回
Excerpt: 明日香の死はいじめを苦にした自殺ではなく、事故死だった・・・ それにしても、その場しのぎの台本は痛々しかった。 決まっていたのは明日香の死が事故死ということくらいで あとは無理矢理積み上げていったの..
Weblog: ドラマ!テレビ!言いたい放題
Tracked: 2007-07-01 07:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。