2007年01月15日

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(第2話)

東京に飲み込まれた雅也。

自分と同じだと思っていた仲間でさえ、
何か目標があって、頑張っていた・・・。
周りは前を見ているのに、自分だけは立ち止まったまま。


母が交通事故に合って怪我をする。
その時の雅也とオカンの電話は見ていてちょっと切ない。。
結構な怪我なのに、「帰るお金がない」などと言って、帰らない雅也。

あぁ、子供って結構こういうこと平気でするよな〜、とか思ってしまいました。
“親”だからこそ、甘えてしまうというか。
自分の胸に手を当ててみる・・・。


それに対して、息子が倒れたらすっ飛んできてくれる母親。

親って、本当に有り難い存在だなぁ・・・もうやだ〜(悲しい顔)


自分にも子供が出来たら、
自分が親に対してどんなに親不孝だったかを
思い知るんだろうなぁと、しみじみ思ってしまいました。。



その他、キャスト等に関して・・・

やっと平岡祐太くんが出てきたので、ささやかな楽しみになりそうでするんるん
隣人役の石黒賢さんは、こういうパリッとしてない役、めずらしいなぁ。。
でもさすがにいい味です。
それから写真を空にかざしながら見る香椎由宇さんの姿を見て、
改めて「キレイだなぁ〜」って思ったり。。


今日はダメな主人公を描く回だったので、
前回のように涙が出そうになったりすることはなかったですが、
色々と考えさせられました。
多分今後も見守っていきます。


【追記】オカンとマー君、ドラマの後のスマスマにも出ていましたね!
    もこみちくんと倍賞さんについて何か書こうかと思ったんですけど、
    香取くんの東京タワー姿が面白過ぎて、言葉も無く・・・(笑)


(1話目の感想は⇒ コチラ


posted by 霞 at 23:19| Comment(3) | TrackBack(8) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
石黒さん、良かったですね〜。
すぐに怒ったり説教したりしないで、とりあえず見守る。
雅也は何だかんだ言って、周りの人に恵まれてますね。

慎吾くんの東京タワー見ました(^_^;)
「いつもお世話になってます」で笑った。。。
Posted by くう at 2007年01月15日 23:46
こんばんは!TB+コメント失礼します!

>隣人役の石黒賢さんは、こういうパリッとしてない役、めずらしいなぁ。。でもさすがにいい味です。

ひとを「諭す」というのが似合いますよね。医者とか、の肩書きがなくても。
最後のコブクロのテーマをききながら、涙はでませんでしたが、ジーンときました。結構、温まります。
Posted by 今日感 at 2007年01月16日 00:03
>くうさん

 雅也については、「あーなんでそんなことしちゃうの〜?」
 ってことばかりでしたが、
 石黒さんと言い、オカンといい、
 周りのみんなのおかげで、
 今後雅也が変わっていきそうですよねー。


>今日感さん

 話の内容 + コブクロの歌の相乗効果で
 なかなかいい味を出すドラマに仕上がってますね♪
 石黒さんが、あんな格好でもやし泥棒(!?)をする役だなんて
 思いませんでしたが、段々納得。
 すごく良かったです〜。
Posted by at 2007年01月17日 00:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

東京タワー2「切ないなあこのドラマ」
Excerpt: 面白いとか面白くないとか云う前に、 このドラマ観てると何だか切なくなってきます。 息子の夢を叶えるために 身を粉にしてせっせと働き仕送りを続ける母親。 すぐに挫折して仕送りを無駄に使う息子..
Weblog: ぱるぷんて海の家
Tracked: 2007-01-15 23:27

【東京タワー】第2話
Excerpt: オカン、ちっとも苦労だと思った事ないよ。もう大学は辞める。学校に行って何になる。絵を描いて何になる。もう仕送りはしなくていいよ。と言う雅也にオカンは言う。ちっとも苦労だと思ってない。と。美大では、みん..
Weblog: 見取り八段・実0段
Tracked: 2007-01-15 23:43

東京タワー 【第2話】 涙の別れ後
Excerpt: 前回の第1話、最終回のようなラストシーンでオカン(倍賞美津子)のもとを離れ、単身東京に上京してきたマー君(速水もこみち)。今回から、話の中心は東京。 同じアパートに住む手塚修一郎(石黒賢..
Weblog: THE有頂天ブログ
Tracked: 2007-01-15 23:47

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」第2話 涙の別れ後 
Excerpt: 初回あれだけ泣いたから、今回はまあそんなやろと思ってたけど、やっぱり最後の最後で泣いてしまいました。僕にとって漬け物とか卵焼きは反則なんです(笑)
Weblog: 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ
Tracked: 2007-01-15 23:50

東京タワー(1月15日)
Excerpt: やめろ??、その道は危ないぞ??、何でそういうことをするかな??{%punpun_a%}
Weblog: 今日感
Tracked: 2007-01-16 00:00

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン第二章「涙の別れ後」
Excerpt: 前回、ついにオカンの元を離れたマーくん。 「故郷は遠くにありて思うもの」とはよく出来た言葉だなあ。
Weblog: TV雑記
Tracked: 2007-01-16 10:53

TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第2話 涙の別れ後
Excerpt: マー君は東京にやって来ました。 見てて思ったんですが、前回の東京タワーの描写みたいに。 その"言葉による東京って街の描き方"が印象的です。 都会はキラキラしてるんだね。その言葉が頭に..
Weblog: サプリで萌えな彼女の秘密ノート
Tracked: 2007-01-16 13:18

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン・第2話
Excerpt: 意外にも感動が大きかった初回話。
Weblog: あずスタ
Tracked: 2007-01-17 22:40
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。