2006年12月20日

僕の歩く道(最終回!)

このドラマの中で、テルはどんどん成長していきましたね。


・動物園で働くようになる
・新しい道に行けるようになる
・喫茶店にも入れるように!
・動物園でも、覚えた仕事をきっちりこなす
・欲しいもののために、着実に貯金
・ロードバイクでレースに出場!
・グループホームでの生活に、自らの意思で踏み切る!



もちろん人間は1人では生きていけないけれど、
お互いに助け合いながら、生きていく。
そしてテルの周りの人たちも、テルを見てだんだん変わってゆく。

幸太郎、幸太郎ママ。
三浦さん、古賀さん、園長さん。
そして、都古に、テルの家族も・・・。


個人的には、
『河原さんは本質的に良い方向に変われたのかどうか?』という点が、
とっても気になります
たらーっ(汗)


私はこのドラマを見て、「自閉症」というものを学びました。
もちろん色々な症状があるのでしょうが・・・。


いいセリフもたくさんありました。

「出来ることが多い事が良くて、少ないのが悪いってわけじゃない。
 自分の出来ることを、一生懸命やればいい。」

何度聴いても、いい言葉です。



最終話は「すごく大きな感動!」という程のものは無かったけれど、
無理な設定になることもなく、
このドラマらしい、いつも通りの独特なテンポで展開し、
私としては満足。



最後、グループホームに行ったテルが、お母さんと電話で

「僕にだって予定がある」

と言うシーンが、ウケましたわーい(嬉しい顔)

そして、その予定というのは、もちろん都古ちゃんぴかぴか(新しい)

妙に2人が一緒になったりしなかったのが、
逆に自然で良かったと思います。
今後を期待させる終わり方でした。


このドラマは、今クールが始まる前からの期待通りexclamation
内容だったと思います。
草なぎ君も、さすがの演技でしたねぇ〜。
ほんとに、普段テレビで見る彼とは、まるで別の人格でしたひらめき

来週から、
「み や こ ち ゃ ん へ」
という独特のナレーションが聴けないと思うと
寂しくなります
もうやだ〜(悲しい顔)


posted by 霞 at 21:33| Comment(6) | TrackBack(8) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
霞さん、こんばんは♪
テルの成長や周囲の変わっていく姿が、とても温かで好きでした。
でも河原は、、、個人的には一生あのままの気がします(笑

輝明を演じた草なぎさん、本当に素晴らしい演技で見せてくれました。
このドラマのお陰で自閉症のことが、少しだけ理解できた気がします。
もうこれでテルの成長する姿が見られなくなると思うと寂しい気持ちになります(まるで里江の気分)。^^:
本当にいいドラマでした!
Posted by at 2006年12月20日 23:05
静かな流れながらも、1人1人の感情などが
良く描かれていたと思います。
「グループホームにテルを出すか」についての
里江の苦悩も良くわかります。
一番さみしいのは、やはりお母さんでしょうからね(>_<;)

ほんと、河原のことだけが
心残りですね・・・!
Posted by at 2006年12月21日 20:38
霞さん、こんばんは。
里江さんの、悲しみ、苦しみが、沢山下敷きになっていて、ヒデを手放すときの複雑な心情を考えてしまいました。きっと嬉しいけど心配なんですよね。それに引き換え、ヒデは、適切サポートで、生き生きしてましたね。少し安心したラストでした。
Posted by mari at 2006年12月23日 23:24
>mariさん

 コメントありがとうございます!
 里江は、他の兄妹達の気持ちを考えたりしながら
 非常に苦悩が多かったでしょうね。
 テルを手放すのは、かなり辛いと思います。
 でも、成長していってくれるのは嬉しい、、、と
 複雑な心境だったでしょうね。
 さわやかな、いい終わり方だったと思います。
Posted by at 2006年12月24日 21:16
(* '-')ノ ハジメマシテ☆ 「酔芙蓉に恋をして」のkaorihonokaと申します^^ 
ご報告遅くなりましたが、勝手ながらTBをさせていただきました。お返しのTB、どうもありがとうございます。
とってもいいドラマでしたね。
輝明からは沢山の勇気をもらった気がします♪
私も、輝明の独特のナレーション好きでしたっ★
Posted by kaorihonoka at 2007年04月03日 00:41
>kaorihonokaさん

 はじめまして!コメントありがとうございますー。
 派手さはないものの、いい雰囲気のドラマでした。
 「ありがとう」も本当にいい歌ですよね。
 かなりハマってきいていました〜♪
Posted by at 2007年04月04日 20:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

僕の歩く道 最終話
Excerpt: 僕は歩き続ける。:ミヤコ(香里奈)は動物園の事務所で、テ
Weblog: 日々雑用
Tracked: 2006-12-20 22:24

僕の歩く道 最終話 『僕は歩き続ける。』
Excerpt: 「ありがとう」 珍しく先週からの流れ。 都古は眠っていて、テルが動物の説明をしているところにやっぱり三浦さん登場。 普通だったら、この2人いい関係だと思うんだけどね(笑) テル..
Weblog: Kのドラマ依存症的ぶろぐ
Tracked: 2006-12-20 22:54

僕の歩く道 最終話
Excerpt: ●キャスト 大竹輝明/草なぎ剛 松田都古/香里奈 大竹秀治/佐々木蔵之介 大竹真樹/森口瑤子 大竹幸太郎/須賀健太 大竹里江/長山藍子 大竹りな/本仮屋ユイカ 三浦広之/田中圭  ..
Weblog: ちょっと変な話
Tracked: 2006-12-20 23:03

『僕の歩く道』 最終回 「僕は歩き続ける。」
Excerpt: 最終回、やっぱり、まったりしてました。 このドラマだったら、これくらいそのまま終わっていいんでしょ。
Weblog: つれづれなる・・・日記?
Tracked: 2006-12-21 00:22

14才の母・第十一回 最終回・命って何?
Excerpt: いやはや、賛否両論渦巻く中、一話追加、しかも80分スペシャルと上々の「結果」を残したこのドラマです。 最後は、智志と未希が「結婚」を前提に二人で力を合わせて「そら」と命名した赤ちゃんを育てていく..
Weblog: Yが来るまで待って・・・
Tracked: 2006-12-21 01:20

《僕の歩く道》 最終回
Excerpt: 約束が守れなくて、帰ってきた都古。 里江は、先のことが不安で堀田医師と話をするといって出かけた。居合わせた都古が、一緒に出かけた。テルの身を案じる二人は、堀田の適切な援助を受けつつ自立して過ごすグルー..
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2006-12-21 02:06

僕の歩く道・第11話(最終話)
Excerpt: このドラマの終了と共に“「僕」シリーズ・三部作”が終了するわけですが・・・。
Weblog: あずスタ
Tracked: 2006-12-23 23:26

泣きたい夜に…(ありがとう)
Excerpt: ? SMAP ありがとう ? 曲よりも何よりも。 この惹き付けるタイトル、素敵な歌詞に。 瞬間的に心を奪われた。 耳を澄まして、最後までじっくり聴いていた。 聴きたいと心が動..
Weblog: 酔芙蓉に恋をして
Tracked: 2007-04-01 13:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。