2008年09月25日

[映画] おくりびと

いい映画らしい、と聞いていたので、見てきました。
ネタバレは、、、多分無しです。。


一言で感想を言うと、「見てよかったなぁ・・・」と
しみじみ思える映画でした。
思いっきり泣くつもりで行ったんですけど、
前半は意外にもクスクス笑えるシーンが多くてビックリ目
個人的にツボにはまるシーンなんかもあって、
笑いが止まらなくて大変でしたあせあせ(飛び散る汗)

でも徐々に、ぐっとくるシーンが多くなり。。

生きているということ。
自分の大切な人の死。
様々な人の旅立ちに直面する、納棺師という仕事。

今自分が生きていること、
そして大切な人がそばにいてくれる有り難さ。
そんなものをあらためて感じられる作品でしたぴかぴか(新しい)

最後については、「えっ、もう終わり!?」という感じは
若干ありましたが、終わった後もしばらく余韻から抜け切れず、
エンドロール中も席を立つ人は誰もいませんでした。
帰りの車の中でも、まだ涙が出てきそうでしたもの。。
目が腫れて大変でしたわぁ〜。

帰りの道中で、一緒に見た人と作品についてたくさん話をしました。
そういうのも、この作品のいいところだと思いますぴかぴか(新しい)
実に、奥深い作品。
本当に、見て良かったと思いました。
そして、自分もこういう納棺師の方に、
送り出してもらいたいなー、などとも思ってしまいました。。

また、山崎努さんが、いい味を出してるんですよね〜。
彼にしか、出せない味です。。

まだ見ていらっしゃらない方が居たら、是非!
おすすめします。
posted by 霞 at 17:31| Comment(8) | TrackBack(15) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
「おくりびと」・・みなさんの感想を知りたくて読ませてもらいました。
いろいろ考えさせられる良い映画でしたねぇ。
Posted by ホッシー at 2008年09月25日 18:57
霞さんもご覧になったのね(^^)
うんうん。良い映画でした〜。
人の死に関わることだから、ただ悲しいだけかと
思ったけれども、芸術のような尊厳のある仕事に
見せられてしまいました。
笑える部分もあったし。。。
見て良かったです〜(^^)

FC2の方からトラバが飛ばないみたいなので、
楽天の方からいただいて行きますね〜♪
Posted by くう at 2008年09月25日 21:54
↑と思ったら、しっかり飛んでました(^.^;)
お騒がせしました〜(__)
Posted by くう at 2008年09月25日 21:56
>ホッシーさん

 ご訪問、ありがとうございます♪
 本当に色々考えさせられました。
 死を扱った映画なのに、単に暗くさせるだけではないのが
 またいいですね。。
 登場人物、一人一人が、またいい味を出してましたし。。
 納棺師だけでなく、焼き場の仕事なんかも
 考えさせられました。


>くうさん

 肌を見せぬようにお着替えを、、、とか
 一つ一つの心配りがすごいですよねー。
 納棺師としての所作もそうですけれど、
 山形の景色と、チェロの演奏とで
 すごくキレイに仕上がっていて。。
 素敵な心に残る映画でした〜。
Posted by at 2008年09月25日 22:15
>自分もこういう納棺師の方に、
送り出してもらいたいなー、などとも思ってしまいました。。

私も同じこと思ってました。
もし、先に家族が逝くことになっても…って。
この映画は感想を書くのがちょっと難しくって
でも、多分、これを見た人の気持ちって
みんな同じこと考えるんじゃないかなって思ったり。
たくさんの人に見て知ってほしい映画だと思いました。
Posted by ミマム at 2008年09月26日 19:35
>ミマムさん

 やっぱりそうですよね〜。
 自分の大切な人が先になくなってしまった場合も
 (ツラすぎますが、、、)同じく、、って感じでしたよね。
 うんうん、きっとこの映画を見て感じることは
 大体みなさん、同じでしょう。
 確かに言葉に表しにくいですが、
 心には確実に刻まれる作品ですよね。。
Posted by at 2008年09月26日 23:40
自分のおばあちゃんと、舅さんを
送り出したことがあって、確かにそういうことを
やったなぁ。って思いました。
その時もなんとなく厳かなそれでいて
ちょっと怖いような(いきなり動き出したらどうしよう〜。とかw)
そんな感じを受けました。ありがとう!と
その人たちに言ったことはなかったですけど、
すごい職業ですよねぇ。
Posted by みのむし at 2008年10月02日 20:29
>みのむしさん

 みのむしさんは納棺師さんとの遭遇経験者だったのですねぇ〜!
 すごい!!
 やっぱり地域とかによるんでしょうか。。。
 大切な人を送り出すときだからこそ、
 私も出会ってみたいと思ってしまいました。。
 映画の中での納棺師さんの所作も、
 本当にキレイで神聖な感じでしたよね。
 本当にいい映画でした(;_;)
Posted by at 2008年10月02日 21:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『おくりびと』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「おくりびと」□監督 滝田洋二郎 □脚本 小山薫堂 □キャスト 本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、杉本哲太、吉行和子、笹野高史、峰岸徹、山田辰夫 ■鑑賞日 9月14日..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2008-09-25 17:54

【おくりびと】旅立ちの門に立つ崇高な儀式
Excerpt: おくりびと 監督: 滝田洋二郎 出演:  本木雅弘、山崎努、広末涼子、余貴美子、吉行和子 公開: 2008年9月 モントリオール世界映画祭グ...
Weblog: 映画@見取り八段
Tracked: 2008-09-25 21:20

おくりびと
Excerpt: 何気にカレンダーの印が気になった。
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2008-09-25 22:13

おくりびと(映画館)
Excerpt: キレイになって、逝ってらっしゃい。
Weblog: ひるめし。
Tracked: 2008-09-26 11:28

「おくりびと」
Excerpt: 見てきました。感想です。
Weblog: 塩ひとつまみ
Tracked: 2008-09-26 19:34

おくりびと
Excerpt: 第32回モントリオール世界映画祭グランプリ受賞作品 脚本 小山薫堂 音楽 久石譲 監督は滝田洋二郎監督
Weblog: ドラ☆カフェ
Tracked: 2008-09-27 00:52

おくりびと
Excerpt: おくりびと (小学館文庫 も 3-4) 見ました。 とても神聖なものを見たような感じです。 もっくんがすごく素敵だった。 納棺をするために亡くなった方に施す死化粧や死に装束を これほどき..
Weblog: Simple*Life
Tracked: 2008-10-02 18:17

おくりびと
Excerpt: 試写会に行く予定だったのですが 仕事が入ったので妹に行ってもらいました。 観てきた彼女は大絶賛!! じゃあ、映画館で観ておく? というわけで映画館へ。 楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきら..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2008-10-23 15:46

【映画】おくりびと
Excerpt: ▼動機 連れてってと言われたので ▼感想 美しき日本の様式美 ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅..
Weblog: 新!やさぐれ日記
Tracked: 2008-10-24 07:27

「おくりびと」(日本 2008年)
Excerpt: 夢を諦め故郷に戻ったチェロ奏者は、 遺体を棺に納める『納棺師』になった。
Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常
Tracked: 2008-12-30 22:27

おくりびと
Excerpt: こちらずっと気になっていた作品なかなか見ることが出来なかったんですがやっと映画館で見ることができました予備知識はアカデミーをとったことと納棺師のお話ということぐらいだったんですが思わず泣いてしまいまし..
Weblog: にき☆ろぐ
Tracked: 2009-03-02 19:24

おくりびと (本木雅弘さん)
Excerpt: ◆本木雅弘さん(のつもり) 本木雅弘さんは、映画『おくりびと』に小林大悟 役で出演しています。 第81回アカデミー賞外国語映画賞、および第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品ということで、先日..
Weblog: yanajunのイラスト・まんが道
Tracked: 2009-03-04 00:57

おくりびと
Excerpt: いのち芽吹く物語。  
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2009-03-05 12:03

mini review 09360「おくりびと」★★★★★★★☆☆☆
Excerpt: ひょんなことから遺体を棺に納める“納棺師”となった男が、仕事を通して触れた人間模様や上司の影響を受けながら成長していく姿を描いた感動作。監督には『壬生義士伝』の滝田洋二郎があたり、人気放送作家の小山薫..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2009-04-05 14:06

おくりびと
Excerpt: 言わずとしれた、第81回アカデミー賞 外国語映画賞 受賞他、幾多の受賞に輝く作品 ひとあし先にこの作品を、公民館で見た親戚のおばちゃんが「あんな男前に送ってもらいたいものやねぇ」と笑ってて、思わ..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2009-08-15 15:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。